マンション管理|契約内容でエレベーターの保守点検の方法が変わる

契約内容でエレベーターの保守点検の方法が変わる

マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション管理

集合住宅

メンテナンス契約の見直し

大抵のマンションに設置されているエレベーターは、生活の中では欠かせないものです。しかし、その分どうしてもメンテナンス費用がかかりがちになり、それがマンション管理費を高くしている原因になっていることもあります。そこで、お勧めなのがマンションにあるエレベーターのメンテナンス契約の内容確認と見直しです。エレベーターのメンテナンス契約には、フルメンテナンス契約とPOG契約があり、フルメンテナンス契約のほうはどうしても高くなりがちです。POG契約は、定期点検のみの契約であり消耗品などの取替費用は発生した都度に会社から別途請求される契約方法です。フルメンテナンス契約よりも、メンテナンス費用を5割から6割程度に抑えることができるので使用頻度の少ないマンションにはお勧めの契約です。

安全第一を重視

日常生活で頻繁に使用するエレベーターは、メンテナンス費用を抑えつつも安全性の確保が第一になります。メンテナンス費用は安いものの、故障が多かったり必要な整備が行われていなかったりすると大変危険な管理状況と言えます。マンション管理費を抑える為にはエレベーターのメンテナンス契約の見直しは大切ですが、安全性を犠牲しない契約を結ぶようにしましょう。一般に使用頻度の高いエレベーターはフルメンテナンスをすることで安全性を保つことができ、使用頻度の少ないエレベーターはPOG契約でも大丈夫と言われています。また、遠隔監視システムを取り入れている会社の場合は人件費を抑えることができるので幾分メンテナンス費用が安くなります。